BLOG&COLUMN
BLOG

トレーラードライバーの仕事内容とは?

2020/08/09
truck-heavy-duty-tractor-transport

一言に大型ドライバーと言っても、トラックだけではなく、牽引車・トレーラーなどの種類があります。
トラックはイメージ通りかと思いますが、牽引車・トレーラーとはどう違うのでしょうか?
ここではその違いと、トレーラーの運転手の仕事内容についてご紹介します。

▼トラックと牽引車・トレーラーの違い

トラックは運送品を運ぶ為に使う自動車であるのに対し、トレーラーは運送品が積荷されているけん引される為の車のことで、
牽引車は運転席の部分と積荷の部分が分離出来る車の事です。
つまり、牽引車が引っ張っているのがトレーラーなのです。
トレックと牽引車・トレーラーは似ているようで全く違います。

■トレーラー運転手の仕事内容

トレーラー運転手の仕事内容は、荷物をそれぞれの目的地まで運ぶことです。
その目的地はほとんどが遠方の場所になりますので、長距離運転することが多くなります。
最近ではETCを導入したことにより、深夜の高速料金が割引されている時間帯に勤務開始となる会社も多いようです。
深夜の運転は昼間よりも見通しが悪く注意する必要があり、ドライバーは何よりも安全運転を心がけています。
先述した通り、深夜の時間帯から勤務開始となることが多いため生活リズムが崩れがちになってしまうので、
しっかりと体調管理をすることも大切です。

■トレーラー運転手に必要な資格

トレーラー運転手に必要な資格は、大型免許とけん引免許です。
経験がなくても採用してもらえることはありますが、すぐに現場に出ることはなく一定の練習期間があります。
大きな事故に繋がることのないように、特別な研修が必要なのです。
深夜帯に運転することが多いので集中力や忍耐力を身に付けておくことが大事です。

▼まとめ

福岡から九州県内を中心に様々な荷物の定期配送を承る当社では、ご利用いただく皆様に出来る限り寄り添ったサービスを
提供できるよう日々心掛けております。
社員一丸となって質の高いサービスを提供してまいりますので、定期配送のご用命でしたら是非お任せください。