BLOG&COLUMN
BLOG

トラックドライバーの仕事内容について

2020/08/17
business-products-professional-shipping

トラックドライバーの仕事内容は、運転する車や業種によってさまざまです。
運送業界は人手不足が問題になっていて、人員確保に困っている状態でもあります。
それぞれ必要な免許があるのでそれによっても請け負う仕事も種類も異なりますが、今回は配達業についてご紹介します。

▼配送や配達のドライバーの仕事内容
個人宅、会社、店舗などに荷物を運搬したり配送したりする仕事です。
決まったエリア内の配送を行うルート配送や宅急便の荷物を配達したり、荷物の集荷などの仕事をします。
■注意しなければならないポイント
一見シンプルな作業にはなりますが、注意しなければならないこともたくさんあります。
・届け先のミスがないよう何度も住所をチェックする
・天候が悪い場合は雨風で荷物が濡れないようにする
・指定された時間内に届ける
など、細心の注意を払って仕事をしなければなりません。
荷物の数や不在の再配達の依頼もあれば夜遅くまでかかることもあります。
▼ドライバーの仕事の種類について
ルート配送や宅急便の荷物を配達したり、荷物の集荷などの仕事があります。
■ルート配送
荷物の届け先と運ぶ物が最初から決まっているので、コンビニやスーパーや企業などでルート配送は行われています。
■宅急便の荷物の配達
ネットショップや通販などで買い物した際商品を家まで配達します。
■荷物の集荷
運送業社が荷物を集めに来てくれることです。
以前は配送センターに荷物を持っていかなければならなかったのですが、最近は自宅に荷物の集荷に来てくれます。

トラックドライバーといっても運送業にはさまざまな種類のトラックドライバーがいて、仕事内容もそれぞれで異なります。
当社は、ドライバーとして運送業界で活躍したいとお考えの方に向けて求人募集も行っております