BLOG&COLUMN
BLOG

トラックドライバーとフォークリフトドライバーについて

2020/11/22
boxes-company-driver-factory

皆さんご存知のトラックドライバー。そんなドライバーさんの多くが転身を遂げているフォークマンはご存知でしょうか?
フォークマンとは、工場や倉庫等でフォークリフトを操縦する方々のことです。
操縦には免許が必要なのですが、その免許を取得するドライバーが増えてきているそうです。

■フォークマンが増えたわけ
厳密には増えてはいません。かつてはフォークマンとドライバーは別々の職種でしたが、
近年給与面の観点からドライバーに転身するフォークマンが増えてしまい、フォークマン不足が進んでいます。
そんな中、物流会社は社員であるドライバーにフォークリフト免許を取得させることで人手不足を解消したのです。

■問題点
フォークマン不足を自社の社員に免許を取らせる形で解消したいわば付け焼き刃ともいえる対策には問題点がいくつかある。
保険についてだ。フォークリフトの対人保険については加入会社がとても少ない傾向にある。
トラックについては加入しているのにフォークリフトは加入していないとは変なことです。
空港や行政の施設は対人保険の加入が義務化されているが、一般企業はそうではない。
そのことが大きな問題を生み出している。現場の人は、対人事故は起きてないから考えたこともない。
と話すそうですが、いざ起きてしまっては大変なことです。

■まとめ
フォークリフト操縦者が減ってきたからドライバーから補ったことにより大きな問題が出来た。
とのことでしたが、安全面はきちんとすべきであるため、今後の対応に期待したいです。